テレビ台、階段製作の様子

確か、梅雨でしたね…。 あまりに降らないので
田畑の農作物は雨乞い気分であろうと想像します。
 明日は雨との予報、楽しみに待っていましょう。

さて、5月末完成予定の新築中のT邸。
諸事情で工期が延びていますが
お施主様もご承知おきのことと申し訳なく、また
ご理解感謝しています。

 テレビ台の製作の様子、
杉の柾目板を貼りあわせたものです。
 IMG_2796.jpg
    ほぞ接ぎの為の孔をあけているところです。
    ほぞ接ぎは、2つの木材を組み合わせる方法のひとつで、接合強度が
    ねじによる接合よりかなり強くなるという利点があります。
         テレビ台
    また、無垢の板は柾目にとり、反りを最小限に考慮し
    製材しても天然のものですから、反りが生じてきます。

    それを防ぐためにこのような木を施工しています。
    IMG_2798.jpg
      
 出来上がった木製品をみると細かい製作過程のことは
 想像もつきにくいのですが、
 このような過程を見ると、まさに木は生きているのだと
 実感する瞬間です。
 
 木材はガラスや金属、プラスチック等のように物質の性質が
 同じ(等方性)ではないのですね、
 異方性といって方向や場所によって
 性質が異なっているということだそうです。
 樹種やとり方によってまた配置される場所によって収縮、膨張の具合も
 異なるということです。

 ↑ 人と同じ小さな細胞の集合体ということです!
   無垢材を使用した家屋や木製品が心地の良いものであるということが
   理屈からみても理解できますね。


こちらは、階段製作の様子、檜無垢材です。
  階段1
         
         階段2

                      階段3
   
   来月上旬、この真庭市内旧落合町のT邸、旧久世町のM邸の
  同時完成見学会を予定しています。
  また近くなりましたら情報アップさせていただきたいと思います。

  皆様どうぞご来場ください!
 

浄化槽設置

明日は雨マークがついています。
そろそろ梅雨も近いでしょうか。

さて、先日のこと。
浄化槽の設置をさせていただいています。
 IMG_0650.jpg
 ここに                      
                        IMG_0656.jpg
                         この浄化槽を

IMG_0652.jpg
かなり深い穴です(もちろん専門の水道設備工事をされる業者様
(真庭市月田、カネサダ設備様)に施工していただいています)。

                 IMG_0657.jpg
浄化槽は、生活排水を川へ流す前に嫌気ろ床接触ばっ気方式(一般的なもの)
等の方法で有害物質をろ過し浄化する装置です。
  
 国土交通大臣の指定したものの設置が義務付けられています
また、設置後、管理する業者も指定されています。
この設置には高額な金額がかかりますが、国の浄化槽設置整備事業の一環で
国と都道府県が、市町村に補助金を出し、
市町村が浄化槽を設置する方に補助金を出す制度があります。

全国で8割以上の自治体が補助金交付をされているそうです。

我が家も新築と同時に設置し約18年ですが、たまにブロアーが止まって異臭がするんですね。
そういう場合は、いつも管理していただいている業者さんに連絡をし、点検をしていただきます。
ブロアーが止まっている…ということが2度程ありました。
ブロアーを交換していただいたら、異臭はなくなり、すっきりしました。


川の水をきれいに保つということは水中動植物の生態にも好影響です。
そういえば、数日前からが飛んでいます! 
それは幻想的な風景ですが、川がきれいである証拠ですね。

このような浄化槽設置ももちろんですが、年に2回の一斉清掃で川の中の異物を回収する…
といった住民活動も功を奏していると思うひとときです。
自然を大切に~


 

S邸 上棟(建前)

水無月(6月)に入りました
(なぜみなづきと呼ぶのでしょう。
これは、旧暦の梅雨明けの時期にあったことから、水の無い月という解釈も
あるようですが、無を’の’と解釈する場合もあるようでこれは、
’水の月’という意味だそうです。…皆様はどちらと思われますか? )

近辺の田には水揚げが施され、田植え準備真っ最中です。
真庭市古見界隈は、この辺でも田植えが遅いので
既に終わっている地域もあるようです。

入梅も間近、雨続きは精神的にも鬱陶しい季節ですが、
恵みの雨…と健やかに過ごしたいものです。

さて、先日真庭市北部(旧湯原築)に新築の
S邸の上棟が行われました。晴天の中、骨組みが完成し
杉丸太の高梁も掲げられました。
IMG_3507.jpg
なんと、9mもの長さです!
大工による手刻み加工です。
この梁が建物の中でどのように生かされるのでしょう。
とても楽しみです(^v^)


IMG_3527.jpg

                         IMG_3528.jpg
                         21cm角の大黒柱です
 

完成は10月の予定、
6人のご家族と伺っています。

ご近所の皆様にはお騒がせいたしますm(__)mが
無事な進行を心がけ施工させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。
                    



              
  

ヒノキ生産量、岡山が5年連続1位!

真庭市古見界隈は田畑が多く、農作業で忙しくされている方が多いです。
これからは農作業に限らず、外での作業は
気温もぐんぐん上昇しますから、
水分補給を忘れずムリをしないようにしたいものです。

さて、2年前にも記事にしましたが、
先日の木材新聞に掲載の記事、農林水産省がまとめた
平成28年度の木材統計によると、
ヒノキの生産量が岡山が5年連続で1位になったそうです!

新設住宅着工数が伸びたことから日本国内の
素材需要量は前年比3.7%増となったということです。
特に国産材は7年連続で増加、27年に続き2千万m3台に。

ただ、需要内容を見ると、合板用(前年比9.7%増)、
木材チップ用(同2.3%増)、製材用(同1.5%増)の順に多く、
材価の高い材の活用が課題とか。
 一方で外材の伸びが国産材の伸びを上まっている
そうですが、まだまだ、国産材比率は79.4%で
シェアを誇っています。

これらは、家屋等の住宅用というよりDIY、
家具等備品製造への需要が増しているということでしょうか。


それにしても、ヒノキの生産量が5年連続ということは
素晴らしいことです!!
ヒノキはもちろんですが、美作杉を多く扱う弊社にとっては
少し意外(@_@)でしたが、杉は宮崎県がトップだそうです。

新築住宅への需要が増す一方、街中では空家も増えているという
事実があります。少子化、人口減…。
これからの課題、「傾向と対策」(←どこかで聞いた文句、あぁ受験生!)です。

弊社の家屋は良質な木材を使用し、
代々住まえる家として在来工法を行っており、耐震にも優れています。
また設計は、お施主様のご希望を優先して行っています。


結果、丁寧な造りとご好評いただいています。

代々住まえる家は、つまり時代にマッチしたエコロジーな家です。
時の移り変わりとともに、
ていねいに刻んでゆく我が家の歴史。
そんなご家族を、優しく包む家づくりをモットーにしています。


新築、リフォーム等ご相談はお気軽にどうぞ。




M邸完成

随分暖かくなりました。
GW明けの1週間、リハビリ週間という
声も聞かれましたが、皆様いかがお過ごしですか。
 
 世界的には近隣国の問題等、
国内でも震災された方々を思ったり、落ち着いていられない
気持ちもしますが。
 自分にできることなど考えてみたり、
何より平和に過ごせていることに感謝するこの頃です。

さて、昨年10月~着工していました真庭市内のM邸が
先日完成しました。
お施主様は、30歳代のご夫婦でお子様が3人いらっしゃいます。
床面積は約40坪です。

 IMG_3491.jpg
  外観はスタイリッシュ!
  良質な木材をふんだんに使用していますので、
  重厚感が伝わってきます。

              IMG_3405.jpg
              LDK(ロング・ダイニング・キッチン(*^_^*))のお部屋です

 IMG_3409.jpg
 キッチンカウンターの対面にこのような引き出しが設置されました。
 奥様のご希望で、生ごみBOX等を収める引き出しを作りました。
 引き出しの奥には換気扇が設置されているそうです!
 
        IMG_3306.jpg
         階段を上がったところに設置された棚

  IMG_3281.jpg
   寝室の一部のスペース  
                     IMG_3285.jpg
                     寝室からロフトスペースへ

 IMG_3294.jpg
  また、お子さんのお部屋からもロフトスペースへ上がれるそうです。
  
  収納や、明り取り等スペースの有効利用ですね!(^^)!
  
  アイデアがぎっしり詰まった夢のマイホームが実現されました。
  屋根には、太陽光発電システム装置が上がっています。
 
  これからの時代にマッチした、
  また地元美作の木をふんだんに使用した住宅の完成です。
  ご家族の皆様のご健康が末永く続くものと確信しています。 

  ご近所の皆様にはお騒がせいたしましたが
  ご協力をありがとうございました。

  
      

 
  
プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード