FC2ブログ

新聞コラムより

ここ真庭市内はお祭りの季節まっただ中です。
自然災害が少なく今年もそれなりの米の収穫だったそうです。
感謝して、秋のお祭りに参加し、お初穂、神輿、だんじり祝いを
お供えしました。
いつもの行事を迎えられる…平和であることに感謝です。

さて、先日興味深い記事を見かけました。
建築について。
戦前戦後の建築、そして現在のを
比較しており、戦前には外来建築様式を模した
装飾的で、左右対称で威厳を放った建築があったのが

戦後には機能や理由をはっきりさせることが求められ
(1950年に建築基準法が制定されたとありました。そのことが
大きく関連しているのでしょうか)るようになったそうです。

 例えば、この形は構造体、それは照明…と
それぞれの目的に応じた部分を組み合わせた構築物と
なった。 →そのことを建築が言葉のように意味がはっきり
したものに近づいたと形容する筆者。
 ただ、そんな機能性を求めながらも創意工夫を凝らした
建築家による現在のデザイン性のあるものへの賞賛も称える。

 くくりに… 50年代~70年代の建築に
新鮮さを感じるのは、目の前にある条件を見つめ、まっすぐに
未来を目指しているからだろう…
               
                    以上 山陽新聞 H29.10.19 朝刊 「こころの森」
                    倉方 俊輔氏著より 抜粋

戦後まだ70数年ということを改めて思う。
また、時代背景により思想は変化していくことも。
こういった比較を面白く拝読させていただき
また一般住宅の建築は…と思う。
 
何世代も受け継がれる住宅を望まれる方、 
そうではない方、それぞれでよいのですが
弊社は断然、何世代も受け継がれる家を当たり前に 
建築しているということをPRしなくてはと
改めて感じました


もちろん、機能性のみではなくデザイン性を求める方にも
数名の設計士さんとタイアップしていますので
お気軽にご相談下さいませ!
 


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード