ヒノキ生産量、岡山が5年連続1位!

真庭市古見界隈は田畑が多く、農作業で忙しくされている方が多いです。
これからは農作業に限らず、外での作業は
気温もぐんぐん上昇しますから、
水分補給を忘れずムリをしないようにしたいものです。

さて、2年前にも記事にしましたが、
先日の木材新聞に掲載の記事、農林水産省がまとめた
平成28年度の木材統計によると、
ヒノキの生産量が岡山が5年連続で1位になったそうです!

新設住宅着工数が伸びたことから日本国内の
素材需要量は前年比3.7%増となったということです。
特に国産材は7年連続で増加、27年に続き2千万m3台に。

ただ、需要内容を見ると、合板用(前年比9.7%増)、
木材チップ用(同2.3%増)、製材用(同1.5%増)の順に多く、
材価の高い材の活用が課題とか。
 一方で外材の伸びが国産材の伸びを上まっている
そうですが、まだまだ、国産材比率は79.4%で
シェアを誇っています。

これらは、家屋等の住宅用というよりDIY、
家具等備品製造への需要が増しているということでしょうか。


それにしても、ヒノキの生産量が5年連続ということは
素晴らしいことです!!
ヒノキはもちろんですが、美作杉を多く扱う弊社にとっては
少し意外(@_@)でしたが、杉は宮崎県がトップだそうです。

新築住宅への需要が増す一方、街中では空家も増えているという
事実があります。少子化、人口減…。
これからの課題、「傾向と対策」(←どこかで聞いた文句、あぁ受験生!)です。

弊社の家屋は良質な木材を使用し、
代々住まえる家として在来工法を行っており、耐震にも優れています。
また設計は、お施主様のご希望を優先して行っています。


結果、丁寧な造りとご好評いただいています。

代々住まえる家は、つまり時代にマッチしたエコロジーな家です。
時の移り変わりとともに、
ていねいに刻んでゆく我が家の歴史。
そんなご家族を、優しく包む家づくりをモットーにしています。


新築、リフォーム等ご相談はお気軽にどうぞ。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード