FC2ブログ

建築士 会報誌より

昨日は、満月が素晴らしかったですね。
ご覧になられた方も多いと思います。

特集が、「アートとまちづくり」というタイトルでしたので、
興味深く読みました。
「全国各地でアートプロジェクトが盛んになっている背景には
縮小社会を迎える中で、新しいまちづくりの起爆剤として
アートを活用したいという地域側のモチベーションがある」
 というくだりがありました。

古い家屋や街並みにアートが施されるという形になるまでには…
計画する側のエネルギー、完成して訪れる側のエネルギー、
さまざまなエネルギーが生まれるという効果があるとのことです。

 継続するには漠然とではあっても大きな目的が
ないと不可能だと思うのです。

 古民家の再生についても少し似たような
ところがある気がします。
新しい柱を施工することにより
強度はもちろん、過去と未来を結ぶ、斬新な空気が
生まれます。
 そこにはお施主様がそこに住み続けるという
意志があるから可能になるのでしょう。


 古いものは捨てるものではなく、良いものは
大切に補強しながら将来に受け継いでいくという
心意気も感じられます。  

色んな環境があり、一概には言えないのですが、
日本のよいところを大切にしていきたいなと
改めて思ったのでした。
 歴史も勉強しなければ!    

     
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード