地元木材新聞より

台風一過、一部の地域では被害をもたらしましたが
皆様いかがですか。
幸い真庭市内は特に大きな被害はなかったようです。
被災された方々、1日も早く日常に戻られますよう
お見舞い申し上げます。
最近自然災害や近国の脅威等、心がざわつくことが
多いですが色んな意味で見直し考える機会と思います。
命の事、平和である事の尊さ…。

人が助け合い平和を作っていくということは社会の大きさを問わない問題でしょう。
家庭、会社、学校、市、県、国、世界…


さて、先日の木材新聞記事より、
H29年1~7月の全国の新設住宅
着工実績調査の結果が掲載されていました。

真庭市の感覚としては少し減少しているのかな
と思っていましたが、全国でも若干減少気味との
ことでした。
(前年同月比2.3%減 ← 持家、貸家含めての統計です)

消費税アップ前の駆け込み需要の時は別として
これが本当の経済なのだと思います。
 持家、貸家は減少。 分譲住宅、マンションは増加していました。
これからもこの傾向は続くのかもしれません。

ただ、
在来工法による木造住宅の割合がアップしていたことは
朗報!
です。
ちなみに、2×4工法は減少し、プレハブ木造、プレハブも
減少だそうです。

ハウスメーカーのシェアが多いようですが、
代々住める良質の木材による木造住宅は
弊社の誇るところです。

新築はもちろんですが、リフォームもご相談に応じます。
お気軽にお問合せ下さい
(*^_^*)
スポンサーサイト

少し秋らしく

お盆を過ぎても酷暑が続いていましたが、
朝夕、気温が下がり睡眠時暑さで目が覚め…ということが
なくなりました。 皆様いかがですか。

外での仕事に携わっておられる方には頭が下がります。
さて、先日のこと。弊社に工事に来ていただいた方、
いつもとお変わりない様子でしたが、少し熱中症の様で
娘さんにお迎えに来ていただきました。
 少しの会話でわかったことですが、作業の内容を覚えて
いらっしゃらなく、心配になってお迎えに来てもらったということです。

数日後にお話しするとお元気そうでしたが何より弊社に
来られたこと自体記憶にないのだとか。 でも弊社でよかったと
感謝されました。 「助けていただいた…」と。 
 最中には自覚症状もないこともありますから
要注意です。

最近は小学校の現場、真庭市内新築現場、製材所、
多忙にさせていただいています。
9月上旬は2件の新築の打ち合わせをさせていただきました。
 
そして本日は、市役所バイオマス課の職員の方が調査にいらして
社長が質問に答え、工場内をご案内させていただきました。
バイオマスとは、
「再生可能な生物由来の有機性資源で、化石資源を除いたもの」。
バイオマスは、地球に降り注ぐ太陽のエネルギーを使って、
無機物である水と二酸化炭素から、
生物が光合成によって生成した有機物であり、ライフサイクルの中で、
生命と太陽エネルギーがある限り持続的に再生可能な資源である。
(一部抜粋)

ここ真庭市はバイオマス発電に力を入れていますが、
継続するには課題も多いようです。 
環境にやさしいよい取り組みでもあるし森林の豊富な地域にとって
是非継続していって欲しいと願っています。



プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード