金崎山本堂改築 地鎮祭

今朝の真庭市旧落合界隈は、15cm程の積雪でした。
家の中から眺めると、風流できれいなのですが通学、通勤等
移動時にはやっかいです。
それでも日中には路面の雪は解け、移動は難なく出来るように
なりました。
 「冬来たりなば春遠からじ」
もうすぐ節分も来ることですし、
自分にもそう言い聞かせています。
 

 さて、去る26日約50名程のご参加をいただきまして
地元古見の、金崎山善福寺の本堂改築工事の為の
地鎮祭が取り行われました。
  IMG_5219.jpg
    
                   IMG_5213.jpg
                    
   IMG_5221.jpg
   この日は日中の最高気温3度程で強風の吹く寒い1日でしたが、
   無事に地鎮祭を終えることが出来ました。
   大工棟梁の藤田氏も淡路島から来られました。
    
 完成は来年平成26年2月下旬頃を目標にしています。
 滞りなく工事進行出来ますよう土地神様にごあいさつしました。
 
 また、ご近所の皆様にはお騒がせをしますが
 事故のない様にしたいと思いますので
 よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

敷居と鴨居

インフルエンザやノロウィルスが猛威をふるっている様です。
皆様、いかがお過ごしですか。
 
睡眠第一主義の私は、今朝のんきに寝坊してしまい、
あわてて朝食&お弁当&洗濯機運転に取り掛かりました。
 お弁当持ちの1人が家を出ると、少し平和な空気が
流れます。…そんな感じで毎朝が始まるのですが
当たり前に元気に動けることに感謝しています。

 さて、面白い記事を目にしました。
日本の建築に、敷居鴨居という言葉がありますね。
普段は当たり前に使用している言葉なのですが、
これは、書院造が確立した室町時代後期(1500年後半)頃
に登場した言葉なんだそうです。

 書院造が確立した時期にあたり、部屋と部屋を障子や襖で
仕切る様になってからとの事。
物理的にはそんな背景がありますが、
それとは別に、「敷居が高い」や「敷居を踏んではいけない」
という言葉がありますが、その由来として
敷居は結界であるという説がもっとも有力なんだそうです。
また、鴨居というのは、敷居と対になって戸や襖の上の部分の
事を指します。


結界(敷居)は、ふたつの異なる世界の境界であり、神の宿る
場所でもある。「畳の縁を踏んではいけない」
というのも同じ意味合いがあるんだそうです。

和室に入る時は敷居の手前で手をついて礼をする。
これは、現代人はなかなか機会がないと思いますが、
お茶の作法にはありますね。
 
最近の建築には畳の間(和室)が本当に少なくなりましたから、
益々こんな事への関心も薄れていくのでしょう。
かくいう私も、その意味を問われれば答えることも出来なかったのですが。

歴史を知るということは本当に奥が深いですね。

震災について

去る1月17日は阪神淡路大震災のあった日としてニュースや新聞に
関係の記事が掲載されていました。
その様な記事を読むまでは、
正直、未体験の者としては記憶が薄まりつつあった
事を反省しました。

 そんな中、東日本大震災に
関連した記事を「建築士」のバックナンバーで
目にしました。
 「災害における建築士の役割」
 「きたかみ震災復興ステーションの意味」、
 「陸前高田市の被災状況と復興計画の考え方と課題」…等
の記事を目にすると、いかに自分が無知であったか
関心が薄れていたのかを知ったと同時に
何をするべきかを考えさせられました。

当たり前に生きて生活できていることは
幸せですが、もっと深く考えて街づくりや
防災の事を考える事の意味を知りました。

すぐには行動出来もしないけれど、
少しでも考えて、行動出来る自分になれる様にと思いました。

この辺は今のところ幸いというか、被害の少ない
土地ですがそれが災いするということもあると思います。

今更ですが、少し考えさせられました。

 


 

現場の様子 

今日の真庭市旧落合界隈は好天に恵まれ、
日中の最高気温は10度程でした。
室内に居ると、まるで春を感じる陽気でしたが、
まだまだ厳しい寒さは続きます。

 冬場の健康対策というのを
順天堂大学の先生がラジオでおっしゃっていました。
 その中に冬は特に副交感神経よりも交感神経が優位に働くため、
副交感神経を引き出して、心身がリラックスできる様
に調整をしてやるのがポイントになるんだとか。
 入浴の方法、睡眠時間、等等重要なポイントも紹介されていました。

ふむふむ、なるほど…と聞かせていただきました。
インフルエンザ等のウィルス対策にも睡眠時間を
しっかりとる事は重要なんだとか。 
皆様も睡眠時間をしっかりとって、元気に冬を乗り越えて下さい!

 さて、真庭市月田地内に新築中のY邸の現在の様子です。

   IMG_0806.jpg
   外観の様子が、カントリー風で温かみが感じられますね。

                      IMG_0809.jpg
         室内の様子です。
        IMG_0810.jpg
        
     お施主さんは、30歳代のご夫婦です。
     材質にこだわったお家造りを希望され、
     また間取りも、大工や、スタッフと何度も打ち合わせを
     重ねて決められました。

仕上がりがとても楽しみですね。
明日から連休、とんど祭り等も各地で催されているそうです。
暖かくしてお過ごし下さい。


      
                       

新年あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます
(大変遅ればせながら…汗)
今年もよろしくお願いいたします。

仕事始めは、5日(土)でした。

9時に地元古見八幡神社に上がって新年のお祓いをしていただきました。
なんと外の気温氷点下4度(*_*)でした!

1名欠席しておりましたが、社長他従業員皆参加し
気持ちを新たにスタートをきっております。
 IMG_5173.jpg

 時すでに、5日遅れ、なんとか明日の鏡開きには
間に合ったということでお許しいただいています(勝手に・笑)。

65歳で定年退職された従業員さんの退職お祝いもかねて、
ボーリング大会をし、ランチで食事会も。
IMG_5188.jpg

       長年お疲れ様でした。
       これからも忙しい時にはお世話になります。


 さて、その後いつもどうり製材所、建築現場にて忙しくさせていただいております。
 今年も皆様にごひいきにしていただけるよう、
 社員一同、頑張って参りたいと思っております。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 何かありましたら、お気軽にご相談下さい。


 
プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード