O邸リフォーム後

梅雨まっただ中、のはずですが、
今のところ以外と降らないので弊社では(主婦も!笑)
助かっていますが、
農作物にはどうなのでしょうか。
何事も一長一短、バランスが大切なのですよね。


さて、現場ではリフォームのお見積りや、
新築現場の中間検査、配筋検査等。
 事務では、決算、年度更新の手続き等、多忙にさせていただいています。
年度更新とは、つまり昨年度の実績により、
労働保険料額の確定をするという手続きです。
製材部門と、建築部門は別用紙です。

 少し前になりますが、 勝山O邸のお風呂回りリフォーム
 が完成しました。

   IMG_4801.jpg
   洗面所です。
                   IMG_4798.jpg
                   そして、お風呂

        IMG_4799.jpg   
         やはり、お家の中で傷みやすいのは、
         お風呂・キッチン等水回りです。
          
 O邸は、換気暖房設備を備えられましたので、冬場の寒さ対策が
 出来ました。
 それに、こちらの浴槽は腰かけ部分が見えます。
 小さなお子さんや、お年寄りにはよいですね。
          
 お風呂も、水の量に関係なく事故になることが
 ありますので気をつけたいです。
        
スポンサーサイト

ご来場ありがとうございました

16日(土)、17日(日)はH邸の完成見学会でした。
  IMG_3512.jpg
    16日は、小雨が降り、心配されましたが
    17日はお天気に恵まれました。
    お陰さまで約100組のお客様がご来場下さいました。

    本当にありがとうございました。
    良質な木材をふんだんに使用した良質な住宅を
    ご覧いただいた感想はいかがでしたか。

  ここに少し、写真でご紹介しましょう。
      IMG_3513.jpg

       風格のある、どっしりとした玄関です。  
       

IMG_3488.jpg
        
            IMG_3477.jpg              
             床の間です。
             雪見障子、天袋、違棚、地袋のある床の間は
             最近少なくなっていますが、和風住宅には
             とても重要な要素になっています。
              そのせいか、魅力を感じられる方も多かったのでは
             ないでしょうか。
             
   IMG_3520.jpg

          間仕切りのある、広いDKも素敵です。
          IMG_3524.jpg
          最近は、対面式のシステムキッチンがとても多いです。
          
      家族と会話をしながら食事を作りたいという
      方が増えているということなのでしょうか。
       
      ちなみに、私は集中したいほうなので、作りながらしゃべるという
      ことは出来なさそうです。どっちかがおろそかになりそうで…(要は不器用なのです・笑)    

ライフスタイルに応じたお家造りをお手伝いできたらと思います。
お気軽にご相談下さい。

尚、現在手続きにより真庭市では、リフォーム補助金(上限20万円)、  
木材需要拡大事業補助金は岡山県から20万、真庭市から60万円が
出ます。
 どちらも予算が決まっていますので、お早めに申し込みが必要です。
詳しくはお問い合せ下さい。
       

             
              
   

H邸 完成見学会

 梅雨前線が停滞し、夜中から早朝にかけ大雨が降りました。
 大いびきと大雨の音にうなされ、少々寝不足ぎみでは
 ありますが、多分快調だと思います(笑)。

 皆様はいかがお過ごしですか。
 土砂災害等お気をつけ下さい。

 
 さて、昨日は電話機の入れ替えが終日行われたことも
 あり環境が落ち着かなく記事をアップできていませんが
 本日16日(土)、17(日)完成見学会が行われています。 
 昨日地元真庭市の朝刊折り込みに宣伝をさせて
 いただきました。

 この度、お施主さんのご好意により完成見学会が
 実現されました。
 土壁を施したり、素材にこだわった和風のH邸です。

 場所は、真庭市下河内地内です。
 河内小学校の近くですので、のぼりを目印にご来場下さい。
 
 写真がなくて申し訳ありませんが、
 遠方の方もお気軽にお立ち寄り下さい。
 
 時間は午前10時~午後4時です。 
 よろしくお願いいたします。
  
  
 

  
  

梅雨入り

6月7日頃、梅雨に入りました。
今日は晴れですが、さすがに湿度が高いです。
お肌も潤っています(多分・笑)。

 さて、春頃から、新築M邸、Y邸、リフォームH邸、E邸の
計画が進んでおりお見積りをさせていただいています。

 そんな中、とある建築関係の雑誌を読んでいて
思ったこと。
 震災後の事、京都のまちづくりの事
どの記事を読んでも家というのは単なる形状つまり
住む場所、スペースというだけではないということを
あらためて感じたのです。
 

 個々人のみが己の欲望を満たすのみでなく、
集落として助け合って生活をする事で地域の力がまとまり、
震災等の災害があった場合も助け合えるということなのです。
 現在の傾向ですが己の欲望を満たしさえすれば
それで生活できる、満足であるという考えから、
 特に先の震災等で助け合いの大切さ等人とのつながり
の重要さを意識する人が増えたということなのだと思います。

 また、京都のまちづくりは古い歴史を継承している
事と深く関わっておりそこでも、住人の理解と
協力がなくては維持できないという事やまとまりの
大切さが記されていました。

 家造りはそれぞれの個性があってもちろん
良いのですが、中に住む我々人間は歴史や、つながりを
大切にしなくては住みにくくもなるんだと感じました。


 建築雑誌から得た事は、構造上の建物の話ばかりではなく
人の住む場所、精神性の事が重要視されており、
この考えを次世代に伝えなくてはと感じたのでした。
プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード