二月、にげる!

早いもので、今日で2月も終わりです。
漂う空気もどことなくめいて感じられます。
勝山では今日から、約1週間、お雛祭りとか。
近くて遠いお雛祭りですが、見に行くよりも、我が家のお雛を愛でたいものです。
この辺では、お雛祭りは4月3日にお祝いする所も多いので、
その日までお雛様を飾っていられるのです。
 4月4日になると、待ってました!とばかりに 鯉のぼりが泳ぎ始めます。
女の子ではなく男の子の居る家庭は特にはやく泳ぎ始める気がします。

さて、今週は各現場の検査や、見積等で書類作成に多忙でした。
 津山の現場I邸では、
玄関の上がり框に日本桜の木を使いました。
IMG_1770.jpg

一昔前は、敷居によく桜の木を使用していたそうですが、
今は材が無いのと、コスト面でも安価な集成材を使用することが
多くなっています。
桜は、色、風合いもよく、玄関の雰囲気がさらによくなるはずです。
ちなみに、写真は断熱材を貼っている所です。




スポンサーサイト

完成見学会へのご来場ありがとうございました

IMG_3490.jpg
21、22日に真庭市野川 Y邸 の完成見学会をしました。
たくさんのご来場をありがとうございました。

IMG_3499.jpg

木枠の大きな窓と、薪ストーブ、そして無垢の木材が
印象的なお家でした。
 他にも元々あった邸宅のお庭や、古民家の梁、
古いものを再生されたそのエッセンスが落ち着きをもたらしています。

IMG_3496.jpg

 見た目以上に内容の充実したY邸、
さすが谷岡建築設計事務所さんの設計です。

お施主さんの希望ということもあって 
洗面所、トイレ、キッチンもメーカーの設備を設置していません。
余計な物を廃した、シンプル設計のオーダー設備です。

家造りというものは、お施主さんの思い次第で
どのようにもできるのだと実感しました。



木の切り出し

この度、津山市内(旧久米町内)に新築をすることになりました。
山を持っておられ、育った木材を使用したいということで、
山出しを行いました。

IMG_1729.jpg

IMG_1734.jpg

ヒノキは、柱や土台に使用し、スギは外部の板に使用する予定です。
家の建築に使用する目的で代々大切に育てていたそうです。
よりいっそう、思いのこもった家造りができます。

山出しをした木材は水分を多く含んでいますので、
天然乾燥なら、半年~1年かけるのですが
通常時間がない場合が多いので、人工乾燥をします。
製材をした後、約1ヶ月弊社の乾燥機内で乾燥をさせます。

乾燥後、大工が加工出来る状態になるということです。


完成見学会をします

来週の21日(土)、22日(日)、真庭市野川で 薪ストーブのある新築の
家の完成見学会を行います。

少し前にも12月にも現場見学会として4会場同時に行ったのですが、
その内の1件、Y邸です。
 真庭市久世在住の谷岡建築設計事務所さんによる設計で
弊社が施工させていただいており、
お施主さんのご好意により完成見学会を行うことになったのです。

Y-HOUSE.jpg

詳しくは(株)タブチ
News&Informationにてご紹介していますので、ご覧になって下さい!

牛のわらじ

湯原O邸の解体をしています。

IMG_1717.jpg

牛を飼っていたお家で、現場からこんな珍しいものが
出てきました。
IMG_1710.jpg

久世では「牛市」と言って、牛の売り買いが行われていたのだそうですが、
(今ではありませんが、その名残の旅館など、宿場町の名残が残っています。)
昔はトラックに乗せる等の手段がなかったので、
牛にこんなわらじをはかせて移動していたのだそうです。
長距離だと、牛の足が痛くなるので、はかせていたのだそうです。

売られたり、買われたり、なんだかかわいそうな気持ちになりました。
そういえば、子供の頃、こんな歌がありました。
ドナという牛が売られていく情景を歌ったものです。
「あ~る晴れた、ひ~る下がり…」  なんだか歌いながら
涙の出てくるような歌だなあとしんみりしたのを思い出します。

 こんな例をとっても、我々人間はお会いしたこともないたくさんの人たちの
お世話になって、日々生活させてもらっているのだなぁと思います。
それは過去も現在も同じだと思います。
 1つ1つ自分ですべて用意したもので1日を生活するなんて、ないはずです。
(パソコンだって、食物だってそうですね。)

ありがたいです。 感謝です。

純和風の新築 O邸

12月に完成見学会をすでに行った 真庭市月田のO邸です。
最近では、純和風の新築は珍しくなりましたが、
落ち着きのあるたたずまいのおうちです。

IMG_2460.jpg
 
IMG_2466.jpg

 玄関の巾は約4m!!と、圧巻です。通常の約2倍はあるのではないでしょうか。
IMG_1930.jpg

 また、お風呂がすごいんです。TVを置かれているとかで
お風呂からなかなか出られないんだそうです。おしゃれなルビーのような色です。

 IMG_2492.jpg

住宅ローン減税

平成21年度税制改正大綱が昨年末に決定されました。

住宅に関する内容として
 ・住宅ローン控除の適用期限の延長、
 ・長期優良住宅(いわゆる200年住宅 ) の新築をした場合の
  所得税額の特別控除(住宅ローンを借りなくても所得税の控除ができる制度)がほぼ決定されています。

詳しくは、  http://allabout.co.jp/living/mansionlife/closeup/CU20090111A/index.htm  等で紹介されています。

 200年住宅(超寿命住宅ともいわれています) については、只今手続き中です。
   弊社も近々施工できるようになります。

近い将来、消費税のアップもささやかれていますし、
住宅の購入を検討中の方は、まさに今がお買い時かもしれませんね。

木の家美作推進協議会 (補助金制度)

美作産材の良さをもっと知っていただこうと、
県北の森林組合や木材関連19団体約300社でつくる
「木の国美作推進協議会」(難波芳英会長)は
「木の家の相談室」を開設しました。

 場所は、津山市上田邑の津山綜合木材市場内で、
柱や梁(はり)など主要な構造材に美作産材を90%以上使う工務店や建築士など
協議会会員を紹介。会員工務店が施工した住宅の写真約60点等も紹介されています。

 相談時間は午前9時―午後5時(盆と正月、祝日は休み)。
津山地区木材組合、津山木材仲買協同組合、美作木材青壮年経営者協議会の職員が
交代で対応するのですが、
 本日は弊社、専務が担当をさせていただいています。

「国産材は高いイメージがありますが、約3000万円の家なら木材費は約1割程度。
美作産材の良さをPRし、需要拡大につなげたい」としています。
お問い合わせは
同相談室(電話 0868-28-6990)まで
よろしくお願いいたします。

”木の家美作ネットワーク” のHP 
http://www.mimasaka-kinoie.jp/mimasaka.html でもご覧いただけます。
また補助金についても説明がありますので、必見です!

津山市内の新築 I邸

昨年11月下旬より津山市内に新築をさせていただいています。
IMG_1345.jpg

2か月を経て今は       IMG_1643.jpg
このようになっています。
お施主さんと設計士さんが友人ということで、島根県の太田一級建築士事務所の
太田さんにお世話になっています。
平屋のモダンな印象のおうちです。
このI邸の特徴は、この屋根です。
IMG_1655.jpg
屋根の棟から空気を取り入れます。
屋根と断熱材の間に空気層が出来るため(外壁通気工法)、夏は涼しく冬は結露防止の効果があります。
プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード