S邸 完成

今週はよい天候が続く、真庭市です。台風がまた週末めがけて
やってきます。 皆様、気を付けてください。

さて、真庭市内に5月上旬から着工していましたS邸
今月末完成です。
  家の屋根の少し下辺り 
 青で囲った個所がダクトレス熱交換型換気システムの
 換気孔です。これは、室内の排気と給気を管理する孔で、
 (詳しくはパッシブエネルギージャパン㈱HP)夏は涼しく、冬は暖かく…という
 快適な温度をかなえてくれるシステムです。
 この新築例の場合ですと、40万円未満(施工費別)でそれがかなえられたということです。
 
 フィルターはご自分で交換したりとメンテナンスはご自分で…ということは
 ありますが外注に頼らなくても、管理が可能とのことです。
 ここは真庭市内でも北部ですので冬の寒い時期に効果が現れるという
 ことでしょうか。 

  IMG_3014.jpg
  和風な外観とは変わって、少し洋風な引き戸がおしゃれな玄関です。
  高齢の方がいらっしゃるので、スロープを施工しています。
  まだ車いすの使用はないとのことですが将来的な可能性も
  考慮されての施工です。

       振り向いた(玄関を入った)ところ 
       genkan-2.jpg
       無垢材をふんだんに使用していますので温かみがあって、
       しかも木の香りが写真からも伝わってきますね!
                   IMG_3015.jpg
     IMG_3016.jpg
     畳の間、よいですね、落ち着きます。

 IMG_3020.jpg
  階段
                           IMG_3018.jpg
                           キッチン
 
   IMG_3021.jpg
             IMG_3019.jpg
             収納室

 1Fのキッチン以外はすべて珪藻土塗の壁だそうです。
 珪藻土の壁は下地がボードだけではなく、中塗りも行っているので
 厚みがあり耐震にもよいそうです。

 只今4名様の世帯だそうですが、
 いずれ若い方が帰って来られるのでしょうか。
   
 健康にもやさしい、快適な住宅の完成です!!

 ご家族が、ますますご健康に過ごせると確信しています。
 ありがとうございました。

 

 
 
      
スポンサーサイト

新聞コラムより

ここ真庭市内はお祭りの季節まっただ中です。
自然災害が少なく今年もそれなりの米の収穫だったそうです。
感謝して、秋のお祭りに参加し、お初穂、神輿、だんじり祝いを
お供えしました。
いつもの行事を迎えられる…平和であることに感謝です。

さて、先日興味深い記事を見かけました。
建築について。
戦前戦後の建築、そして現在のを
比較しており、戦前には外来建築様式を模した
装飾的で、左右対称で威厳を放った建築があったのが

戦後には機能や理由をはっきりさせることが求められ
(1950年に建築基準法が制定されたとありました。そのことが
大きく関連しているのでしょうか)るようになったそうです。

 例えば、この形は構造体、それは照明…と
それぞれの目的に応じた部分を組み合わせた構築物と
なった。 →そのことを建築が言葉のように意味がはっきり
したものに近づいたと形容する筆者。
 ただ、そんな機能性を求めながらも創意工夫を凝らした
建築家による現在のデザイン性のあるものへの賞賛も称える。

 くくりに… 50年代~70年代の建築に
新鮮さを感じるのは、目の前にある条件を見つめ、まっすぐに
未来を目指しているからだろう…
               
                    以上 山陽新聞 H29.10.19 朝刊 「こころの森」
                    倉方 俊輔氏著より 抜粋

戦後まだ70数年ということを改めて思う。
また、時代背景により思想は変化していくことも。
こういった比較を面白く拝読させていただき
また一般住宅の建築は…と思う。
 
何世代も受け継がれる住宅を望まれる方、 
そうではない方、それぞれでよいのですが
弊社は断然、何世代も受け継がれる家を当たり前に 
建築しているということをPRしなくてはと
改めて感じました


もちろん、機能性のみではなくデザイン性を求める方にも
数名の設計士さんとタイアップしていますので
お気軽にご相談下さいませ!
 


地元木材新聞より

台風一過、一部の地域では被害をもたらしましたが
皆様いかがですか。
幸い真庭市内は特に大きな被害はなかったようです。
被災された方々、1日も早く日常に戻られますよう
お見舞い申し上げます。
最近自然災害や近国の脅威等、心がざわつくことが
多いですが色んな意味で見直し考える機会と思います。
命の事、平和である事の尊さ…。

人が助け合い平和を作っていくということは社会の大きさを問わない問題でしょう。
家庭、会社、学校、市、県、国、世界…


さて、先日の木材新聞記事より、
H29年1~7月の全国の新設住宅
着工実績調査の結果が掲載されていました。

真庭市の感覚としては少し減少しているのかな
と思っていましたが、全国でも若干減少気味との
ことでした。
(前年同月比2.3%減 ← 持家、貸家含めての統計です)

消費税アップ前の駆け込み需要の時は別として
これが本当の経済なのだと思います。
 持家、貸家は減少。 分譲住宅、マンションは増加していました。
これからもこの傾向は続くのかもしれません。

ただ、
在来工法による木造住宅の割合がアップしていたことは
朗報!
です。
ちなみに、2×4工法は減少し、プレハブ木造、プレハブも
減少だそうです。

ハウスメーカーのシェアが多いようですが、
代々住める良質の木材による木造住宅は
弊社の誇るところです。

新築はもちろんですが、リフォームもご相談に応じます。
お気軽にお問合せ下さい
(*^_^*)

少し秋らしく

お盆を過ぎても酷暑が続いていましたが、
朝夕、気温が下がり睡眠時暑さで目が覚め…ということが
なくなりました。 皆様いかがですか。

外での仕事に携わっておられる方には頭が下がります。
さて、先日のこと。弊社に工事に来ていただいた方、
いつもとお変わりない様子でしたが、少し熱中症の様で
娘さんにお迎えに来ていただきました。
 少しの会話でわかったことですが、作業の内容を覚えて
いらっしゃらなく、心配になってお迎えに来てもらったということです。

数日後にお話しするとお元気そうでしたが何より弊社に
来られたこと自体記憶にないのだとか。 でも弊社でよかったと
感謝されました。 「助けていただいた…」と。 
 最中には自覚症状もないこともありますから
要注意です。

最近は小学校の現場、真庭市内新築現場、製材所、
多忙にさせていただいています。
9月上旬は2件の新築の打ち合わせをさせていただきました。
 
そして本日は、市役所バイオマス課の職員の方が調査にいらして
社長が質問に答え、工場内をご案内させていただきました。
バイオマスとは、
「再生可能な生物由来の有機性資源で、化石資源を除いたもの」。
バイオマスは、地球に降り注ぐ太陽のエネルギーを使って、
無機物である水と二酸化炭素から、
生物が光合成によって生成した有機物であり、ライフサイクルの中で、
生命と太陽エネルギーがある限り持続的に再生可能な資源である。
(一部抜粋)

ここ真庭市はバイオマス発電に力を入れていますが、
継続するには課題も多いようです。 
環境にやさしいよい取り組みでもあるし森林の豊富な地域にとって
是非継続していって欲しいと願っています。



盛夏の候

7月も下旬を迎えつつあります。
日本全国猛烈な暑さ、熱中症で搬送された人の
ニュースが相次ぐこのごろ。
皆様いかがお過ごしですか。
九州での大雨、被害を受けられた方には
お見舞い申し上げます。


さて、先日7(土)、8(日)日の完成見学会には足元の悪い中、
たくさんのご来場を頂き、ありがとうございました。
私も2軒の完成現場に足を運ばせて頂きました。
 どちらも、無垢材の素晴らしい香りが漂い、改めて弊社の建築を
見直したところです。良いものは心身にも良い影響があります。
 また、お施主様のライフスタイルに合わせた設計が印象的でした。
最近のお手洗いの性能の素晴らしさ!扉を開けるなり蓋が開く…。
自動ドア状態でございます。
システムキッチンも然り。 手がふさがっているときに設定することにより
センサーで蛇口から水が出る…ということも!
なかなか工夫されています。

話は変わりますが、先日から地元真庭市立川東小学校の
大規模改修工事に取り掛かっています。
12月頃までの工期をいただいて、壁や天井、お手洗い等
まさに全面改修です。 

地元の皆様にはお騒がせいたしますが、
安全を優先して施工していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

暑さも本格的になってまいります。
皆様も水分、栄養補給はもちろんですが、
しっかり睡眠をとってお元気でお過ごしください!





プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード