FC2ブログ

新築御披露、ミニコンサート

11月も最後の週になりました。
深まる秋…ですが、立冬を迎えて
体感的には初冬です。
 今年も残り1ヶ月ほどになったらしいです…。

さて先日23日、完成見学会をさせていただきました、
S邸で完成披露を
兼ねたミニコンサートが行われました。

 IMG_3851.jpg
 お施主様は大のクラシック好きとのことで、
 フルート奏者とギター奏者をお招きしミニクラシックコンサートを計画されました。
 そこにご親族等約30名をご招待されて、新築の披露が行われました。
  
  弊社も2名招待していただきました。
  見晴らしのよい高台でのコンサートは優雅なひとときだったそうです。
  IMG_3856.jpg

             IMG_3874.jpg
             素敵なご案内をありがとうございました。
            
  まさに芸術の秋♪ですね。
  趣味で生活が心豊かになることは
  素敵なことですね。

  去りゆく秋ではありますが、
  皆様も、1日1日を大切にお過ごしくださいね。
スポンサーサイト

デスクワーク

晩秋の候、紅葉が美しい季節も
ピークを越えようとしています、真庭市古見界隈。
皆様お変わりありませんか。

建築現場の助成金、ゼロエネ住宅等の書類には
材積計算等の申請資料が欠かせません。
そんな資料を作成するこの頃、
窓の外を眺めると山々、大自然が~。
 ……癒やされています。
やはり自然は良いですね。
時に猛威に変わります。
今年もあちらこちらで、大変な
被害に遭われた方がいらっしゃいます。
少しでも回復に向かわれていますでしょうか。
お祈り致します。
 … 自然との共存は永遠のテーマです。

弊社の住宅建築は、自然素材をふんだんに使用しています。
その故、人体、精神に優しい住まいを可能にします。
大の字になりたい住まい!
…究極ではないでしょうか。
(なんてね(^^) でも、事実ですから)

来年10月には消費税がアップします。
もしご検討ならば、ご相談下さいm(_ _)m



豪雨お見舞い申し上げます

先週末、梅雨前線が居座り、豪雨の影響で西日本が
大変な被害でした。
6日金曜夜、真庭市内古見地区にも避難勧告が出、
落ち着かない夜でした。
湯原ダム放流の影響もあり、
旭川の水量が半端なく、さらに豪雨も重なった夜。
 平地である民家も浸水したところも有り、
浸水していない家もその危険性があったのでしょう。
一夜明けて、いつもの朝を迎えられて
一安心しました。

しかし、山の多い地区なので土砂崩れや、床下浸水などの
被害があり、役場の職員さんや消防団員などが
夜中中対応でした。

岡山県南や、広島県南、愛媛県など広い範囲で
大変な被害が出ており、一日も早く普段の生活に戻れますように
と祈るばかりです。

改めて自然災害の怖さを知らされました。
同時に、これらのこととどう付き合っていくかが
永遠の課題であるとも思いました。




梅雨入り…の今日この頃

今週は中国地方、関東地方も梅雨入りし
雨の日が多いです。今日も雨…。
田畑には必要な雨でしょうが、土砂が緩み
被害に遭われる方のニュースが毎年あります。
皆様気をつけましょう。

さて、建築現場、製材所はいつもと変わらず
稼働しています。
弊社は5月が決算月なので5月下旬は在庫確認等
がありました。
それと併せて年間の木材市場での仕入れ量の算出なども。

年間仕入れは1900m3程、昨年よりは減っており
また同量くらいは建築材料や市売り、小売りで消費
していました。
ある程度の在庫は需要対応の為に必須ですが
常に検討課題ではあるでしょう。

樹種別(仕入れ)を見ると、
杉 :松 :ヒノキ :栗その他 =40% :28% :24% :8%
の比率でした。
やはり国産はもちろん、美作や岡山県産の木材は
強度、香りもよいですし、何より人体への
健康効果が高いというのが魅力でしょう。

日本は菌食国家と言われています。
味噌、醤油、納豆、漬物などの発酵食品は
四季のある風土と、木造建築とも大いに関わっているようです。
深い日本文化ですね。

木材は、ハード面はもちろん、ソフト面にも優しい自然素材です。
弊社の木造建築、自信をもってお勧めいたします。
リフォーム・新築のご相談はお気軽に弊社まで!

建通新聞より

今週に入り、やっと気温が上昇し最高気温が10度前後に
なる日もあり、ありがたいこの頃です。

気がつけば、来週の今日は3月1日
いよいよです。
花粉症の方には嬉しくない季節でしょうか。
今からでも遅くはない、ヨーグルト等継続して摂取も
効果があるようですよ!

さて、建通新聞の記事に国交省による技能労働者の年代別
統計結果がありました。
55歳以上の高齢化が進行する反面、
29歳以下の割合は4ポイント減の11%に低下
と。
これは、建設業に限らず、製造業他の産業でも見られることだそうです。

全体の人口に占める若者が少ないのですから当然でしょうけれど、
これからは若者の雇用と育成が課題とありました。

弊社がある真庭市はいわゆる地方
都心に比べるとかなり高齢化の進んだ地域です。
(真庭市はもとより、岡山県も若者の流出を防ぐために
 いろいろな対策を講じているとの記事も先日目にしました。)

さて、弊社はというとありがたい事に10年以上前から若い方の入社が多く、
退職率も低く継続して勤務していただいています。
従業員20数名の平均年齢は35歳くらいと思います。
私が入社した20数年ほど前には高齢の方が
多かったのですが、若い方が多くなってからは、会社のイメージも
パワーもついて、さらに明るくなった気がします。

地方である真庭市、地域産業の林業等のイメージを明るくするのは
当然ですが若者が働きたいという環境づくりは必須でしょう。

海外からの移住者も日本全国増えていることですし、
色々な分野で課題はあるでしょう。

魅力ある家づくりでお客様をひきつけることと
同じ様に、魅力ある場所作りをすることで
若者をひきつけることは大切なことなんでしょうね。


今週に入り、お電話いただきリフォーム等のご依頼2件程。
また新築の打ち合わせ等もさせていただいています。
ありがとうございます!
プロフィール

tabuchi

Author:tabuchi
株式会社タブチのブログです
http://kinoie-tabuchi.co.jp/index.html

最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード